〜カブクワのこころ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の出来事O

<<   作成日時 : 2007/11/25 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

11月15日に、発売された任天堂ウィー対応ソフトの
バイオハザード・アンブレラ・クロニクルズを購入しました。

画像

プレイステーションで、1996年に第一作が、発売されました。
発売当時は、サバイバルホラーというジャンルで、音響と映画顔負けのカメラワークで、これほど怖いと感じたゲームはありませんでした。

ある企業の生物化学実験で、造られた動物、モンスターと薬品に感染した人間がゾンビ化して、徘徊する街等、少数精鋭の特殊部隊の隊員の主人公が、幾つもの難関を突破しながら事件の真相へ近づいていく・・・・・・・・。

その後幾つものシリーズが、発売され今回は、ガンシューティングタイプのアクションゲームへ変更されていました。

内容的には、今までのシリーズのダイジェスト版のもので、バイオハザード0、バイオハザード1、バイオハザード3、そして新たな内容の、しかもアルバート・ウェスカーの裏話が追加されています。


画像

画像

画像

画像

画像

以前のものよりゲーム本体の性能が向上しているために、画質はかなり奇麗になっています。


画像

実際のゲーム画面です。
左上に選択された武器が表示。画面内に、丸いポインターが表示され、画面内のゾンビやモンスターをどんどん討ちとっていきます。
以前のバイオでは、謎解きや仕掛け等色々楽しめましたが、あくまでシューティングゲームのため、そのあたりは目をつぶりましょうか。

画像

画像

舞台となる街や、警察署、地下道、真っ暗な画面から、急にゾンビが現われてビックリすること多々あり、心臓にはあまりよくありません。

今回のゲームのオフィシャルサイトです。
http://www.capcom.co.jp/bio_uc/

ゲームで人気が爆発して、ハリウッドで映画化され、現在劇場でパート3が公開中ですね。

感想としては、一瞬足りとも気が抜けないので、ハラハラドキドキしてまた、二人同時プレイが可能なため、何人かで楽しむゲームとしては、面白いと思いました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ワーイ
怖いの大好きでござます。
Wiiはまだ持ってないんですけどそれ以外のバイオハザードは一通り遊んだですようー。

んでも私はバイオよかサイレントヒル派でございます。って、別に派閥作る必要は無いですけどね。ゲームとしては全然別モノですし。
十子
2007/11/26 23:33
同じようなジャンルで
サイレント・ヒルありましたね。
あれも、暗がりから突然モンスターが出てきてヒヤヒヤしましたね。
最近は臨場感タッブリのゲームが数多く出回り、これからも期待大です。
ムッシー
2007/11/28 03:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
日々の出来事O    〜カブクワのこころ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる