〜カブクワのこころ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS エピレーシック体験日記M

<<   作成日時 : 2009/01/26 21:38  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

術後、一年検診です。

今回の手術には術後1年間の検査代、薬代が含まれていた為、全く自己負担がなく、診察が気軽に受診できていました。
それも今日の1年検診で終了となります。

今回も同じく、最初の眼の検査を実施して視力検査へ。

右・・・・・・1.5弱。 左・・・・・・1.5弱

左は元々乱視が残っているような感覚で右に比べて
弱いような感じでしたが、今回は右目も少しぶれていました。

勿論生活上は、全く問題ないのですが、気になり出すと
とことん気になってしまいます

術後の眼の検査の経過で私の眼の状態がどのような変化をしているのかを先生に聞いてみました。

眼球自体にエピレーシック特有の濁りはなく、傷もなくきれいな状態とのことでした。

数値的には、やはり右目に若干乱視の度数が出ているようでした。
これも、人によって気になる、ならないがあると思いますので、断定はできませんが、体感的に、前回より今回は乱視が強いように感じました。

術後1年が経過しているので、どうしてもと希望があれば再手術の実施も可能とのことでした。
このクリニックでは、永久保障の為、いつでも何回でも再手術が無料で実施してくれます。
ただ、そこまでは全く考えてはいないのでもう少し様子を見ることにします。
視力も限りなく1.5に近い数値ですので、心配はしていませんが。

今後も、任意での眼の検査については無料ですが、
薬が処方された際は、薬のみ有料とのことでした。

何年かは、3か月なり6か月なり定期的に検査は受けようと思います。

術後1年を経過しての総評ですが、現在の視力回復の
技術では安全でかつ確実に視力は回復します。
失明する心配もなく、老眼以外では眼の矯正器具を
利用することはないと思います。

当然手術の為の条件として、角膜の厚み、強度の近視や手術の為の費用など色々ありますが、朝起きて周りが見えてすぐに行動が起こせる生活には、変えられないと思いました。

色々な方のブログを拝見していると、賛否両論ですが
レーシックの種類でも沢山ありますので、事前に調べて
納得して、レーシックを受けることも大切と思います。

眼鏡、コンタクトを使用していた期間は、数えると24年間でした。
現在、術後1年ですが、裸眼の生活があたりまえの毎日です。

元々は、見えている状態で生まれてきたわけで、良くなったというより、元の視力に戻ったというのが正しいと思いますが

今後は、視力を落とさないように、普段から充分に気をつけて生活していきたいと思います。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エピレーシック体験日記M    〜カブクワのこころ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる